ゲーム感想

『オクトパストラベラー』8人の旅人が集結。序盤の感想を各キャラクターごとにお届け

スクウェア・エニックスより2018年7月13日に発売されました。

Nintendo Switch用ソフト「OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー)」を取り上げていきます。

発売開始より1か月ほど経ってしまいましたが、13時間程プレイしてゲームの序盤となる各キャラクターの1章を終えました

今時点でも非常に面白いゲームだと思っています!

ですが、まだまだほんとに序章。これから面白くなっていく段階だと思います。

戦闘システム周りなどまだ解放されていないシステムもあるので評価するのも早い段階かなと。

ですのでこの記事ではレビューと言うよりも、1章の内容を踏まえつつ各キャラクターの感想をメインに綴っていこうと思います。

はじめに

簡単にどんなゲーム?

このグラフィックを見てスーファミの頃のスクエニRPGを想い起こす方がいたら、その当時の思い出のゲームが正当進化したRPG。と想像してもらえれば分かりやすいと思います。

自分もプレイしていてロマサガシリーズ、LIVE A LIVE、FF5・6あたりを思い出しました。

実際にプレイしてみると昔懐かしさを覚えます。
コマンドシステムな戦闘、8人の仲間。フリーシナリオ性、ジョブシステム、耳に残るBGMの数々…

昔ながらのコマンド式な戦闘画面

特にあの頃のスクエニRPGを楽しんでいた人は自信を持って薦めれるゲームです。大体30代前後の方に刺さるRPGではないかと思います。(自分はドンピシャ)

もちろんその世代でなくともNintendo Switchの最新良質RPGゲームとしてとてもオススメ出来るゲームです。

美しいドット絵の世界を旅する楽しさ、戦闘の面白さ、各キャラクターのシナリオの面白さ。等
自由度が高いながらもぐいぐいと先に進みたくなる楽しさがあります。

未プレイで興味を持った方はぜひとも公式HPを見てみて下さい。PC表示だと本作のBGMも聞けて見てるだけでワクワクしてきます。

公式HPへ

主人公を選択に悩むところからスタート

パッケージ裏に綴られている本作のキャッチフレーズ

本作のキャッチフレーズは、
「旅立とう。きみだけの物語へ」

登場する仲間キャラクターは全部で8人いますが、誰を最初の主人公とするかを選択するところからゲームが始まります。

※画像は公式HPより引用
各地方にいる8人のキャラクターから主人公を選ぶ

選ばなかったキャラクターでも後々仲間に入る段階でストーリーは問題なく見ることが出来ますが、最初に選んだ主人公はパーティーから外すことは出来ないです。

そんなこんなで、十数分としばらく悩んだ末に最初の主人公にはトレサに決定しました!

トレサに決めた理由
  • 戦いと無縁な生活をしている。(自分と身近に感じられる存在)
  • 元気良くポジティブな性格そう
  • かわいい(かわいい)

明るく元気なトレサから始まり。

だんだんと個性的な仲間が揃って賑やかで楽しい旅になることを想像しながら自分の旅はスタートしていきました。

各キャラクターごとの1章を終えての感想

トレサ

キャラクター性とストーリーについて

まず…トレサはカワイイ…!!(大事)

トレサのいいなと思うのが旅をする前から知らない世界に対して想いを馳せていて、旅をすることに対してポジティブなところ。

街に悪さをしたゴロツキに対しても臆せずに立ち向かう勇気も持ったトレサ

通りがかりの船長がそんなトレサに感銘を受けてご褒美をくれることになり、トレサは名もなき冒険者の日記を手に入れることに。

その日記は半分は白紙になっているということで、
「残り半分はこれから旅をして歩んだことを日記として書いていこう!」と決意を胸に旅立ちが始まるんですよね。

そんなトレサを主人公に選んだのでこれから旅をするの楽しめそう!と思いながら気持ちよく旅のスタートを切ることができました。

トレサが旅に出た理由は、
世界を旅しながら一人前の商人となることを目指して

比較的王道なスタートながら、期待通りの話で主人公として選んだ良かったなぁと。

ちなみにトレサを最初の主人公に選んで、後述する個性あふれるキャラをあっさりとどんどん仲間に入れるところを見ているので、
自分の中ではトレサのコミュ力はとんでもない!という評価になっています。

フィールドスキル『買取る』

トレサのフィールドスキル『買取る』は人々が持っている物を買取ることが出来るようになります。

良い装備を持っている人と出会えたり
お店では買えないものを持っている人も

お店ではなく出会う人々と接しながら良いものを手に入れていく。というのは個人的に好きなシステムですね。(ゼノブレイドの物々交換を思い出しながら)

そんなトレサの強みを生かすべく、お店では買い物を最低限しかせずに『買取る』で手に入れたものだけで進めるという自分ルールで今のところ進めています。

戦闘スキル『集金』、『傭兵呼び』

『集金』は確率で成功すると敵からお金を手に入れます。
強ければ強いほど、ボスなんかが相手だと結構お金が手に入る。お小遣い稼ぎに便利。

集金…どうやってお金を集めているか謎である。
お金くれたら手加減してあげるとか脅してる可能性…?

一方、『傭兵呼び』はお金を使って傭兵を読んで攻撃してもらうこと

『傭兵呼び』お金を払えば払うほど強い傭兵を雇って強烈な攻撃を行う

『集金』でコツコツ溜めつつ、戦闘でのいざという時にお金を贅沢に使って攻撃するというそれぞれ役割が対になっていて面白い

 

オルベリク

キャラクター性とストーリーについて

剣を振るうことに悩める35歳。

仲間の中では一番の年長で渋いおじさま

見た目通りな正当派な剣士となっており、戦闘面でも攻撃力が高くて非常に頼もしい存在!

昔は“剛剣の騎士”という二つ名が付いた程の有名人だったけど、敵国との戦いの際に仲間の裏切りに合ってから田舎街に没落。

町で普通に暮らしていたけど、ある日山賊に誘拐された子供を助ける時にその剣の実力を魅せる機会が。

「お、おまえがあの…!」「死んでいたはずじゃ…!」的な展開になったり色々とどこかで見たお約束感ある展開すぎて謎の安心感を感じた。笑

オルベリクが旅に出た理由は、
かつて裏切った仲間エアハルトの存在を追いかけて。

今後どのようにかつての仲間エアハルトと決着を付けるか。

そもそも何故彼が裏切ったのかが謎でもあるのでその辺りのストーリー展開が楽しみ。

フィールドスキル『決闘』

街ゆく人々に対して決闘を申し入れて1対1のバトルを仕掛けることが出来ます。

勝ったら相手は気絶するので、道を通せんぼしている人相手に決闘で勝つと道が通れるようになったり。

ただ、この『決闘』ほんとに色んな人に対して出来てしまう。

罪のない街の人に対しても問答無用で戦いを仕掛けて気絶させます。

え?さっき正当派な剣士と言った?

いやいや、とんでもないパワハラおじさんでした!!

とはいえあくまでそういうことも出来るというだけです。

オルベリクを通り魔パワハラおじさんとするかは貴方のプレイ次第です。

オルベリクの戦闘の特徴

剣士らしさに溢れた攻撃力が高く、強烈な剣と槍の技を使いこなします。

雑魚敵を一気に一掃したり、ボス敵に強烈な一撃をお見舞いしたりと攻撃面の強さが頼りになるのが非常に心強い。

 

プリムロゼ

キャラクター性とストーリーについて

セクシーな見た目からは裏腹に、紹介文から漂うシリアスさ

実際に1話を見ても仲間の中で一番重たいストーリーでした。

生まれは貴族の令嬢だったけど、ある日父親が暗殺されてしまう所を目撃してしまう。

父親が亡くなって以降、暗殺者に対して復讐することを誓いつつ支配人ヘルゲニシュの元で踊り子として生きていたプリムロゼ。

この支配人。人をものとしてしか見ていないどうしようもない悪人!


上述のオルベリクのストーリーに出てくる山賊は正直コメディ感ありましたが、こっちは完全に残念な悪ですね。
ストーリーの落差が見ててつらい。

プリムロゼが旅をする理由は、
父親を殺した暗殺者に復讐を果たすため

復讐を目的として旅に出るストーリーは好きですが、
プリムロゼは今までが大変だった分、最後には報われるストーリーになって欲しいところ…

そこまでたどり着けるかどうか。
いずれにせよ、今後も本作の中での一番シリアスなストーリーを担うのは彼女となりそうですね…

フィールドスキル『魅了』

その美貌をふんだんに駆使し、道中の人々を一緒に連れ歩くことが出来ます。

後述のオフィーリアと同じスキル内容ですが、
こちらは人々に対して『魅了』に必要なレベル制限がかかっておらず、確率に成功してしまえば問答無用で連れ歩くことが出来ます。

ほとんどの人に対して実行することが出来まる。連れ歩く人には強さが設定されていて戦闘面でも大活躍してくれます。

普通の婆さんと思いきや過去に殺しを極めた最強婆さんと出会ったりも

強い人ほど『魅了』は成功しにくくなるけど、成功するとバランス崩壊レベルな強さを発揮することも…
(ただし、戦闘中に呼び出せる回数は制限がある)

この辺りのシステムも自由度高くてやり込みがいもあって面白いですね。

ちなみにもし自分がプリムロゼに『魅了』を使われた場合、100%の確率でホイホイ付いていく自信あります。

(そして戦闘で前に出されてやられる)

プリムロゼの戦闘の特徴

ストーリー背景に闇を抱えたプリムロゼらしく、闇属性攻撃や、踊り子ということで仲間を鼓舞するような支援スキルが豊富

攻撃重視の仲間(特にオルベリクあたり)に対して支援することで大活躍してます。

単体でのパワー不足感については『魅了』してホイホイ付いてきたスケベな村人に頑張っていただきましょう。

 

アーフェン

キャラクター性とストーリーについて

小さな村で薬師をやってるアーフェン

仲間の男キャラの中では一番性格良いやつといったら彼でしょう!

他人の為に危険なモンスターと対峙しなければならなくても臆せず立ち向かい、薬師として世界中の人々を助けたいという目標を持っています。

アーフェンが旅をする理由は、
薬師として世界中を旅して回って人々を助けたいから

そう思うようになったもの、アーフェン自身が名も知らぬ通りがかりの薬師に命を助けられたことがあったから。

その背中を見て、自分も旅をしたいという非常にまっすぐで見ていて気持ちの良いいいやつっぷりです。

そんな通りがかりの薬師と旅を通して出会えるかが今後楽しみなところ。

お友達になりたいランキング暫定No.1間違いなし。

ちなみに、薬師としての親友ゼフがいるのですが、アーフェンが村を守る必要があるという理由で旅立つのを躊躇していたところ…

ゼフが命に代えて村を守ると約束してくれたからアーフェンは安心して旅に立つことが出来ました。

そんなめちゃくちゃ良いやつゼフですが、
プリムロゼで『魅了』することが出来ます。

命に代えて村を守ると約束していた親友が、美人なお姉さんにつられてホイホイ村を旅立つゼフの姿を見て、いったいアーフェンはどんな気持ちだったのでしょう?

(想像したらどう考えてもギスギスすぎたのでゼフは解雇しました)

フィールドスキル『聞き出す』

人々の情報を聞き出すスキルです。

ただ会話するだけではとりとめないことを言っている人も、実は昔は盗賊をやっていて…など人々の背景を知ることが出来るようになります。

この『聞き出す』のおかげで間違いなく会話するのが楽しくなります!

娘が実は本当の子じゃないということも知れたり

ほんとに『聞き出す』をしただけでよくそんな情報を知ることが出来るなと思うことも多く、そんなアーフェンは最強のコミュ力を持っていること間違いなしです。

アーフェンの戦闘の特徴

アーフェンは薬師らしく『調合』が出来ます。

攻撃用の素材と火属性用の素材を掛け合わせると、火属性の攻撃に

2つの調合素材アイテムを掛け合わせて攻撃・回復等色んな効果を出すことが出来ます。

このゲームの戦闘は敵の弱点を突くことが重要になっているので、『調合』で自由に弱点属性の攻撃を作りだすことは重宝します。

他にも全員を回復したり状態異常を治したりと回復面でも非常に活躍できます。

アーフェンを仲間に入れるなら強敵に備えて普段から調合アイテムを手に入れておくことが大事ですね。

 

テリオン

キャラクター性とストーリーについて

幼き頃から盗賊として生きているテリオン

見た目通りクールなキャラ。盗賊というけど粗悪な性格というわけではなく根っこは悪いやつではなさそう。

回想シーンはあるのだけれど、いきなり牢屋に入れられているところだったので何故テリオンが盗賊となったのかが気になるところ。

また、幼き頃に牢屋を一緒に脱獄したダリウスが現在はどうなっているのか…というのも分からないので、全体的にテリオンの過去がこの先明かされるのが楽しみ。

テリオンが旅をする理由は、
テリオンの盗賊としての名誉を取り戻す為に、貴族の家から盗まれた3つの秘宝を取り戻すことに

といってもその貴族とはあくまで契約の仲。

貴族の罠にハマって盗賊にとって盗みに失敗した恥の証となる腕輪を付けされて、それを外したければ盗まれた秘宝を取り返すという契約を貴族と結ぶことに。

単純に取り返すだけで済むのか、秘宝を盗んだ相手がテリオンの過去や大きな陰謀に繋がっている。とかそんな話の展開になるのではないかと期待しております。

フィールドスキル『盗む』、『開錠』

テリオンのスキルは街などにいる人々のアイテムを確率で盗むこと。自分が主人公に選んだテレサの『買取り』とは対をなすスキル。

トレサではお金を払って手に入れるものもテリオンは盗むで無料で手に入れてしまう

『盗む』は成功してしまえば無料でアイテムが入ってしまうのは正直とても便利(成功率はレベルの高さで左右されるっぽいです)

また、『開錠』スキルはテリオンでしか開けれない紫色の宝箱を開けれるというまたまた便利なスキルも。

テリオンの戦闘の特徴

戦闘面でもやはり『盗む』が出来ます。

今時点では試せていないけど、ボス相手や特定のモンスター相手だと貴重なアイテムが盗める。とかありそう。

上述の『開錠』もあわせて、テリオンがいないと手に入らないアイテムというのがあるので仲間にはぜひとも入れておきたいところ。

テリオンにしか開けれない宝箱。こんな時にテリオンがいれば…と思うこと多い

自分はそうは思いつつも、
主人公をトレサとしているので『買取り』と対をなす『盗み』はあまり使わないように…と自分の中に残った良心だけでひとまず制限しています。

(テリオンの能力便利すぎてそのうち悪に染まりそう…)

 

ハンイット

キャラクター性とストーリーについて

ハンイット姉貴はカッコいい!

事前の印象では、他人を拒絶して一匹オオカミとして生きている。と思いきや、
他人に対して思いやりもあり頼もしくカッコよい女性であったことと、相棒の雪豹リンデと共に生きているっていうのが心惹かれました。

動物とも会話が出来て、ストーリーで魅せる生と死の考え方や生き様がカッコいいです。

ハンイットが旅立つ理由は、1年前に旅立った師匠ザンターに何かがあったと知らせを受けて師匠を探す旅に…

師匠の身に何かが起きたらしいことは師匠の相棒である魔狼ハーゲンが知らせに来てくれたこと。

師匠の安否が気になるところ。

それとハンイットにとっても師匠は何かしら特別な存在みたい。
その辺りが2章以降で明かされるのが楽しみです。

ハンイットの戦闘の特徴

ハンイットは敵を『捕獲』することが出来ます。
『捕獲』するには敵を弱らせたりBoostを使って成功率を上げた後、網を投げつけて捕獲します。

『捕獲』で捕まえた敵は戦闘中に呼び出して専用の技を繰り出すことが出来ます。

つまり、分かりやすく言うとハンイットはポケ〇ンマスターと思ってもらえばOKです。

強い敵ほど『捕獲』したら強烈な技を使えるので、ボス戦などに備えて強い敵を捕獲しておきたいですね。

このシステムのおかげで、ハンイットが仲間にいることで、道中のエンカウントもより一層楽しいものになります。

フィールドスキル『けしかける』

オルベリクの『決闘』同様に、人々に対して闘いを仕掛けることが出来ます。

ハンイットらしく『けしかける』での戦闘の時には『捕獲』した敵のみ使用して攻撃することになります。

つまり無実な人々に対して、自身は手を汚さずに倒していく訳です。

これなら「私はやっていない」が通じる。ハンイットは罪に問われない!なんという策士…!

そんな感じでハンイットを無実な人を襲う通り魔ポケ〇ンマスターとするかどうかはあなたのプレイ次第です。

 

オフィーリア

キャラクター性とストーリーについて

大聖堂の”神官”として聖火協会に仕えているオフィーリア

見た目通りまさに聖人といった感じで性格も良すぎです。

元々は孤児となっていたところ、ヨーセフ大司教様に拾われて安泰にすくすくと育ってました。

ヨーセフ大司教はどこぞの支配人とは大違いで純粋に良い人です。
プリムロゼとは孤児から拾われてという点に似ているところはあるけれど、こうも育ちの環境は大事というのが比べてみると見に染みます。
(支配人は…ってだけでプリムロゼは良い人です)

オフィーリアが旅をする理由は、
20年に一度行われる“式年奉火の儀式”の大役を成すため

そもそも”式年奉火の儀式”は大司教の実の娘であるリアナが行う予定でしたが、ヨーセフ大司教の容態が急変したということでリアナを看病に専念させるためにオフィーリアが自らが率先して引き受けることになりました。

決して楽な儀式ではなさそうですが、躊躇なく引き受ける姿やヨーセフ大司教とリアナとの家族の姿には心温まるものが。

これからどんな試練や旅が待っているかというのが楽しみです。

フィールドスキル『導く』

こちらもプリムロゼと同様のスキルで人々を連れ歩くことが出来ます。

プリムロゼは確率で誘惑するのに対して、オフィーリアは正当派なお誘いで人々を連れ歩きます。

オフィーリアの戦闘の特徴

光属性での攻撃と回復魔法が豊富なオフィーリア

SPの最大値も全キャラ中一番上げやすいので回復魔法をバンバン使えてボス戦が安定して戦えるようになります。

不足している火力面は『導く』で仲間に入れた屈強な村人にカバーしていただきましょう。

 

サイラス

キャラクター性とストーリーについて

王立学園に仕える“学者”ということで知識を得ることが好きすぎるサイラス

モテそうな見た目をしているなと思ったらやっぱりモテる!

モテすぎた結果、嫉妬をかった女性の嘘の密告により、学園を追放されることに。

そんな状況でも知識を得るちょうど良い機会。ということでサイラスは全く怒るといったこともせず、飄々とした立ち回り。

女性のアプローチを華麗にスルーする様。
まさに、ラブコメ漫画の主人公になったら天下を取れる逸材である。

サイラスが旅をする理由は、
図書館から盗まれた一冊『辺獄の書』を取り返す為。

名前からして何かしら悪い知識が詰め込まれて盗んだ人に悪用されそうな感じですね。

何かしらの陰謀に繋がってそうな感じでこの先の展開が楽しみ。

フィールドスキル『探る』

アーフェンの『聞き出す』と同様に人々の情報を引き出すスキルになります。

アーフェンはレベルが基準値を上回っていれば絶対に成功しますが、『探る』はレベルが低くとも確率で判定されて成功すれば情報が手に入ります。

知識の探求に興味が尽きないサイラスだけれど、
人々の秘密の情報を勝手に『探る』とは中々趣味が悪いというか変なやつというか…

アーフェンとは対極的に、友達にはご遠慮したいランキング暫定No1です。

サイラスの戦闘の特徴

覚えるスキルが魔法攻撃に特化しているサイラス

戦闘開始時に敵の弱点を一つ表示してくれるので、新しい土地に突入して新たな敵と対峙しても、サイラスがいることで戦闘がスムーズに運べて便利。

弱点の発見に加えて、様々な属性の全体魔法を主体に覚えていくので、育てあげていければ高い殲滅力を発揮してくれるはず…!
(最後の仲間だったのでまだそんなに育てられていない)

そうそう、サイラスと言えばエンカウント率を半減するスキルを覚えます。

戦闘はそこそこの頻度でランダムエンカウントで発生しますのでかなり便利となっています。

敵とあまり戦わないでフィールドを駆け巡りたい方にはうってつけですので、そういった観点でサイラスを主人公として選ぶというのもいいかも。

最後に

長くなってしまいましたが、ざっくりと1章を終えての紹介や感想をお届けしました。

今時点でも楽しさ溢れていますが、まだまだこれからシステムも開放されたりして楽しくなりそうな気がしています。

道中に寄り道可能な高レベルダンジョンなんかもあったりして、『魅了』で強い仲間を入れて低レベルで挑戦する。といった楽しみ方も出来そうです。

ストーリーを追うだけでなくて色々と枠にはめない楽しみ方をしていきたいですね。

何はともあれ、もしここまで読んでいただいてまだ購入していないけど興味がある。という方がいましたら是非とも自分の手で触っていただきたいなと思います。

道中の移り変わる風景の綺麗さや旅をしている感覚など、実際にプレイしてこそ味わえる楽しさポイントが盛りだくさんです。

長い旅になりそうですが、腰をじっくり据えて楽しめるRPGを探し求めているのでしたら是非とも手に取っていただき、自分らしい旅を『オクトパストラベラー』の中で体験してもらえればと思います。

自分もまだまだ楽しんでいきます!

ABOUT ME
よこ
子供の時にファミコン時代からゲームを遊び、社会人になった今でも好きで色んなゲームをエンジョイしてる人。 このゲームは面白い!という周囲の声を聞くとホイホイ購入してしまう習性がある。

POSTED COMMENT

  1. 突き指 より:

    めちゃくちゃ丁寧に書かれてますね!
    俺もチマチマやってて、クリアしたくないって思うゲームも久しぶりです。結構一気にクリアして、そのあとジックリやり込み派なんで。まだまだ先は長いので楽しんでくださいねー。俺もクリアはいつになることやら(笑)

    • よこ より:

      突き指さんありがとうございますー!
      書きたいこと色々と書いてたらボリュームが増大してしまいました…笑
      確かに一回とりあえずクリアしてその後やり込みというよりも、一回のプレイで色々なことを試して楽しみ尽くしたいタイプなゲームですね~
      自分もこのペースでいつクリアすることになるのか…だいぶ長い旅になりそうですがお互い楽しみましょう!(*゚ロ゚)

突き指 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。